円安への対応策【資産を守る!!】

おはこんにちは!!きつねサワーです

 

 

令和4年4月衝撃のニュースが日本中に走りました!!

 

対ドルで約20年ぶりの円安!!!!

 

 

これは日本にとって危機的状況です。。

 

最近、物の価格が上がってきたと感じませんか??

 

ついこないだまで100円で買えていたものが120円、130円と値上がりしていた。とか

 

少しづつではありますが経済を圧迫しているんです。

 

円安とは、円の価格が下がること

つまり物価(物の価値)が上がることを意味します。

 

これは「デフレ」といわれ日本経済的にはマイナスの影響を与えます。

これで給料も上がっていれば物価の上昇の影響が少なくてすむんですが、最近給料がガッとあがったこと

ありましたか??

すくなくとも僕はありません。。。。。

 

そのため暮らしがすこしづつ苦しくなってきているんです。

 

これが、コロナの影響もあり、ぐんぐんと進行している状況にあります。

 

日本は危機的状況なのです。

 

政府も対策を打っていますが、追い付いていないのが現状です。

 

 

不安ばっかりあおってすみません(笑)

 

ここからは、円安に対して自分の資産を守る方法をお伝えしたいと思います。

 

1.外貨預金

 

日本円が外貨に比べてもっと下がることを見越して外貨預金をもつ。

いまではネット銀行や大手銀行であればネットですぐに外貨預金を持つことができます。

円安が進行していけば為替利益で資産を増やすことができます。

 

2.株・投資信託で外国株をもつ

 

外国株を買うことは外国に投資することとイコールです。

そのため外国企業がこれからも伸びると思うのであれば外国株をもつことも選択肢に入ります。

初心者の方であれば、株はハードルが高いので投資信託で外国株が含まれている投資信託を選択することが

いいと思います。売買手数料が安いものを選ぶのがおススメです。

 

3.金など通貨以外の物に変換する

 

金は価格が変動しますが、近年価格が上昇してるモノの一つです。

安全資産ともいわれており、世界情勢不安の時に上がる特徴を持っています。

 

4.仮想通貨や価格があがるモノに変換する

 

仮想通貨やメタバースなど近年注目されている資産は、貨幣の代わりになるといわれており、世界中の企業や投資家が

熱中している資産となっています。そのため貨幣の代わりに所有をすることで資産分散の一つにすることができます。

また、日本産のウイスキーやトレーディングカードなどは数年後プレミアムがついて価格が高騰するケースも見られます。

その場合には化ける可能性もあるので貨幣の代わりに所有することもいいかもしれません。

 

以上のことは投資に近い部分がありますので、自己判断での対応をお願いします。

特に仮想通貨などはリスクが高いので自分でも調べてもらって購入するようにしましょう。

 

日本のマネーリテラシーが少しでも上がって日本経済の復活を望みます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。