営業に向かない人3選

おはコンにちは!きつねです。

私は2年前に今の経済団体職員になるまでは前職で「営業職」についてました

毎日毎日飛び込み営業で企業を訪問しては断られる連続でした。

精神的にやっぱりキツいものがありましたね。

成績については営業店でトップでしたし、営業エリアでもそこそこいい方でした。

営業には向き不向きがあるとおもいますので営業に向かない人3選を紹介します。

[ちなみに僕は営業中インターホンを押すことが怖かったので「押す前に悩むのではなく押してから悩むようにしてました」笑]

優しい人

営業で一番重要なのは商品を売ることです。一つでも多く商品を売ることが上司からのミッションであり、売らないと営業店には戻りづらい日々が続きます。すべてのお客様が欲しがる商品ならばいいですが、まぁそんな素晴らしい商品はめったになくほとんどが営業の力量を必要とします。

そんな時にお客さんに商品の魅力を説明し、納得していただくことが必要です。

そこではお客さんの雑談をぶった切って本題に戻したり、説得力が必要なため優しくて控えめな人には精神的にキツいです。

会社や商品に自信がない人

自信がないものは売れません。自信がないものを売っていると心がズキズキしてお客さんに悪いものを売っているんじゃないかと思ってくることがあります。

前職では様々な金融商品を取り扱っていましたが、正直、中にはいらないかな〜と思いながらも営業していた商品がありました。商品の魅力に気がつけないと半ば強引にお願い営業になってしまいますし、お願い営業が癖になってしまうと他の商品もお願いで売りつける癖がついてしまうので注意です。

自分を売り込めない人

営業は「商品力」×「人間力」が重要です。

自分を売り込んで「君が言うなら買うよ」とお客様に言ってもらえれば最高です。一部の商品を除いては商品は周りの競合他社とそれほど変わりません。そこで差別化を図るには「人間力」自分を売り込むことが大切です。

自分の強みを探しだして自分なりのアプローチを模索することが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。